1. ホーム

皮下脂肪はサプリで燃焼効率を倍増させる!


ダイエットが失敗する原因No1「続かない」を克服する皮下脂肪燃焼サプリ。継続しやすく効果が出やすいという口コミがある中で「ただの気休め」という評判もあります。

皮下脂肪対策サプリ選びで失敗しないコツは「効果が認められているサプリ」を選ぶこと。

【ジャンル別効果の信頼度】
  • 医薬品 / 漢方…星5個
  • 特定保健用食品(トクホ)…星3個
  • 機能性表示食品…星3個
  • 栄養機能食品…星2個

口コミで効果体感の声が多いおすすめのサプリを一挙公開!

皮下脂肪サプリ効果体感ランキング


生漢煎
18種類の生薬エキス配合満了処方の漢方

シボヘール
お腹の脂肪減少効果が認められた機能性表示食品


メタバリア
糖の吸収抑制&腸を整えるサプリ

中性脂肪に効果あり!人気の漢方薬
生漢煎
4.8
メーカーアインズ&トルぺ
お試し価格3,900円
お試し期間30日間
タイプ漢方【医薬品】
形状顆粒
生漢煎

アインズ&トルペが「通販限定」で提供する生漢煎【防風通聖散】は18種類の生薬を配合し、便通改善&中性脂肪にはたらきかける漢方薬です。

防風通聖散は脂肪の分解・燃焼・排出の作用があり、その中でも生漢煎は満了処方が特徴。医薬品ですが処方箋がなくても手に入れられる気軽さが人気の理由の一つです。

ただし、体調がよい時でないと効果が発揮できないという条件がある点に注意しましょう。体質に合う人にとっては素晴らしい効果を発揮してくれる脂肪燃焼サプリです。

シボヘール
葛の花イソフラボン配合の機能性表示食品
シボヘール
4.5
メーカーハーブ健康本舗
お試し価格980円
お試し期間30日間
タイプサプリ【食品】
形状打錠

シボヘールは機能性関与成分・葛の花イソフラボンを配合した機能性表示食品です。

一般的なサプリと異なり、臨床試験で効果が認められており、脂肪を減少させるだけでなく、新たに脂肪が付きにくくなる体質に改善する効果が期待できます。

即効性は薄く、中長期で服用が必要となりますが、その効果の信頼性から脂肪燃焼サプリの中でも高く評価されています。

メタバリア
サラシノール配合の糖質吸収オフサプリ
メタバリア
4
メーカー富士フイルム
お試し価格500円
お試し期間14日間
タイプサプリ【食品】
形状打錠

「食べることは元気になること」をテーマにしている冨士フィルムから販売されているメタバリアSは糖の吸収を抑える効果に、腸内環境を整える作用をプラスし更にパワーアップ。

サラシア由来サラシノール配合で糖の吸収を抑制し、小腸で吸収されなかった糖を善玉ビフィズス菌のエサとして大腸のビフィズス菌をふやし腸内環境を整えるサポートをします。

口コミによると、このサプリに適度な運動と健康的な食生活を意識するとより効果的とのこと。好きなものを食べながら健康に、食べて元気になれる体づくりの一歩となるサプリメントです。

4
ナイシトールZ
ナイシトールZ
3.5
メーカー小林製薬
お試し価格7,500円
お試し期間28日間
タイプ漢方【医薬品】
形状打錠

CMなどで有名な小林製薬が販売する「ナイシトールZ」。

市販で手に入れられる防風通聖散漢方では珍しく満了処方となっています。お試しやトライアルパックはありませんが、販売店のセールなどで割安で購入できることもあります。

5
漢方防風通聖散エキス顆粒
漢方防風通聖散エキス顆粒
3
メーカーツムラ
お試し価格5,500円
お試し期間32日間
タイプ漢方【医薬品】
形状顆粒

ツムラが出している「漢方防風通聖散エキス顆粒」は薬局やドラッグストアで購入可能です。

1/2処方なので、効き目が穏やかなのが特徴。防風通聖散が効きすぎる人や副作用が心配な人にぴったりです。

肥満症だけでなく、むくみやのぼせを解消する効果が期待できます。

6
漢生爽楽「防風通聖散」
漢生爽楽「防風通聖散」
2.8
メーカー漢方生薬研究所
お試し価格2,980円
お試し期間30日間
タイプ漢方【医薬品】
形状顆粒

漢方生薬研究所の漢方薬、漢生爽楽「防風通聖散」は2/3処方となっています。

粒状タイプの漢方ですが、分包されているので持ち運びしやすく外出先でも簡単に服用できます。
防風通聖散は特におなか周りをすっきりさせる効果があります。

7
葛の花減脂粒
葛の花減脂粒
2.5
メーカーDMJえがお生活
お試し価格1,850円
お試し期間30日間
タイプサプリ【食品】
形状打錠

葛の花減脂粒は、機能性関与成分・葛の花イソフラボンに黒酢もろみをプラスすることで、脂肪の燃焼効果を更にアップさせた機能性表示食品です。

軽い運動と併用することでだいたい3か月~4か月飲み続けることで効果が実感できたという声が多いです。定期コースも用意されているので、諦めることなくダイエットを継続していきたい気持ちがあるひとにぴったりです。

【食品VS機能性表示食品】皮下脂肪を落とすならどっちのサプリ?


サプリでよく見かけるのは「健康食品と機能性表示食品」どちらもサプリですが、実は中身はかなり違ってきます。皮下脂肪を効率よく落とすならどちらのサプリが良いのでしょうか?

健康食品機能性表示食品
燃焼効果あいまい認められている
即効性低い普通
副作用なし※なし※

※目安量を超えた量を飲まない限り副作用はなし

シボヘールや葛の花減脂粒のような機能性表示食品は、皮下脂肪燃焼の効果が認められている食品です。皮下脂肪を減らすサプリとしての根拠があるため、ふつうの健康食品よりも高い効果が見込めます。

一方で機能性表示食品でないサプリメントは、脂肪の燃焼に有効とされる成分(カプサイシンなど)を含んでいる。という事実のみのため効果を保証しきれるものではありません。

副作用のリスクも差がないため、より失敗の少ないサプリを選ぶのであれば機能性表示食品がおすすめです。

【サプリVS漢方】皮下脂肪を落とすならどっち?


健康食品や機能性表示食品などのサプリメントと、漢方ではどちらが皮下脂肪の燃焼が期待できるでしょうか?

サプリ漢方
タイプ食品医薬品
燃焼効果機能性表示食品の場合
は認められている
認められている
即効性普通高い
副作用なし※あり※2

※目安量を超えた量を飲まない限り副作用はなし
※2 用法用量を守らない場合のリスク

皮下脂肪の燃焼効果のある生漢煎などの防風通聖散漢方は、食品ではなく生薬配合の医薬品です。処方箋なしでも購入できますが、病院で手に入る薬と同じく非常に効果が高いのが特徴です。

用法用量が定められているので使用できる人は限られてしまうものの、サプリとは比較できないほどの即効性が期待できます。「飲める体であれば」おすすめできるのが漢方です。

市販で人気!口コミで話題のDHCフォースコリーを検証


コンビニや薬局で手軽に手に入るDHCは市販のサプリの中ではトップクラスの人気を誇っています。口コミ数も他のサプリと比べて桁外れの多さ。

DHCのダイエットサプリの中でも皮下脂肪燃焼サプリとして一番人気の「フォースコリー」の口コミを検証してみました。

飲むたびお腹がゆるく|評価…星1個
運動したりしなかったので、痩せないのは仕方ないかな(笑)でも、飲むたびにお腹がゆるくなるのはいただけない。飲もうという気持ちになりにくい。(42歳)

継続は力なり|評価…星4個
毎日4粒、気が付いたら3年も飲んでます。ウォーキングとのあわせ技で、代謝が良くなり、体のめぐりが良くなった感じがします。継続は力なり。おススメのサプリです。(45歳)

出かける前に飲めない|評価…星15個
効き目が強すぎるのか、お腹を下します。だから出かける前に飲むのは控えます。出かけないなんて日はあまりないので、ほとんど飲めずに、効果もわかりません。(31歳)

あっという間に元通り|評価…星25個
初めはお腹を壊し、そのせいか体重も減りました。でもしばらく続けると体が慣れたのか下痢が治り、それに伴い体重もあっという間に元通り。やっぱり運動しないとだめなんですかね。(24歳)

現状維持程度|評価…星3個
結論から言うと、体重に変化はありませんでした。ただ、他に気を付けたりもせずに過ごしましたが、増えることもなかったです。減量というより、現状維持程度の効果です。(21歳)

DHCフォースコリーは便秘解消サプリ?

DHCフォースコリーの口コミをまとめると、多かったのが「便秘の解消」悪く言えば「下痢気味になる」ということでした。これは皮下脂肪を落とすサプリに多い症状なので効果があるといえます。

ただ、その後のダイエットの効果があるかといえば微妙な口コミが多いです。あくまでも食品なのでサプリ+運動が絶対条件、飲むだけでは思った効果は得られないと考えるべきでしょう。

しっかり運動が続けられる人で、安くて手軽に手に入るサプリとしてはおすすめできます。

 

燃焼効果はカプサイシン以上?人気急上昇中の成分「葛の花イソフラボン」


漢方ではなく皮下脂肪を減らすサプリメントを選ぶなら、口コミの人気が上昇中の機能性関与成分「葛の花イソフラボン」を配合したものがおすすめです。

ダイエットで有名な成分カプサイシンほどの発汗作用はありませんが、「脂肪の燃焼効果」に加えて「脂肪の合成を抑える効果」「脂肪の分解を促す効果」と、皮下脂肪の排出と予防が一つの成分で完了します。

また、シボヘールなどの葛の花イソフラボンを配合したサプリは機能性表示食品なので、燃焼効果がしっかりと認められていることもおすすめできる要因です。

【即効性優先】皮下脂肪の燃焼効率バツグンの漢方は人を選ぶ?


サプリメントではなく漢方で皮下脂肪を落としたいなら、まずは自分が漢方(防風通聖散)を使える体調かどうかを確認する必要があります。

医薬品である漢方薬は用法用量を守らないと副作用のリスクが高まるため、以下の項目に該当する場合は使用を控えたほうがよいです。

  • 現在病院で治療を受けている
  • 妊婦または妊娠していると思われる
  • きわめて虚弱体質である
  • 胃腸が弱い
  • 発汗作用がはげしい
  • 高齢者
漢方を飲んでいる期間中に体調不良になったら?

どんなに元気な人でも日によっては体調がすぐれないこともあります。サプリメントであれば体調に関係なく飲めるものが多いですが、漢方の場合は「無理に飲まない」ことが大切。

飲んだ数時間後から皮下脂肪を落とす働きを始めるため「継続して体になじませるサプリ」とは異なります。午前中飲まなかったから午後にまとめて飲むのもNGです。

かといって飲み忘れで飛び飛びの服用になっても効果は半減します。体調が良い日限定で飲み続けることを心がけてください。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?どっちが落としやすいの?

自分のおなか周りの脂肪は皮下脂肪?内臓脂肪?
どちらも脂肪ではありますが、皮下脂肪か内臓脂肪かによって落としやすい脂肪か?落としにくい脂肪か?がわかります。

内臓脂肪の見分け方は?セルフチェック!

内臓脂肪の見分け方は簡単です。脂肪が気になる部分をつまんでみて、簡単につまめない脂肪なら内臓脂肪です。

例)お腹は出ているのにうまくつまめない、無理につまむと痛い

内臓脂肪は、筋肉の下~内臓の周りにつく脂肪ですから、筋肉に邪魔されてつまむことができないんです。ホルモンバランス上、男性につきやすい脂肪で、内臓脂肪がつきすぎると成人病・生活習慣病の原因になるといわれています。

内臓脂肪は一般的に落としやすい脂肪といわれています。

皮下脂肪の見分け方は?セルフチェック!

皮下脂肪の見分け方は、内臓脂肪と正反対です。脂肪が気になる部分をつまんでみて、簡単につまめる脂肪ならそれは皮下脂肪になります。

例)二の腕をつまんでみるとゴムみたいに伸びる、痛くない

皮下脂肪は、その名の通り皮膚の下~筋肉の上につく脂肪です。硬い皮膚でもない限り簡単につまむことができます。

皮下脂肪は女性に多く付きやすく、子宮を守るなど重要な役目も果たすためすべてが悪の脂肪というわけでもありません。

皮下脂肪は落としにくい脂肪!

内臓脂肪よりもゆっくりと、時間をかけて蓄積されていくのが皮下脂肪です。困ったことにこの皮下脂肪、燃焼するのもゆっくりなんです。

脂肪のつき方、脂肪の量は人それぞれなので皮下脂肪対策の漢方やサプリを飲んだだけでも減らすことは可能です。

ただ、見た目的にはなかなか変化が見られない!というケースが多いです。

本当に皮下脂肪が燃焼できているのか?と不安になるかもしれませんが、ここは信じてダイエットを続けるしか選択肢がありません。

なお、より早く、より効率的に皮下脂肪を減らしたいなら、サプリや漢方と並行して食事や運動の環境を見直すことをおすすめします。

皮下脂肪が落ちない!時に併用したい食事と運動

サプリや漢方を飲み続けているけど、皮下脂肪がなかなか落ちない!やる気がなくなってきた!という人はたくさんいると思いますが、

1週間や1ヶ月で見切りをつけるのは、金銭的に非常にもったいないといえます。

  • 少なくとも3ヵ月は飲み続けて様子をみる
  • 食生活を見直してみる
  • 軽い運動を併用してみる

どれか一つでも取り組むことができれば、皮下脂肪の燃焼効率は今以上にアップするでしょう。もちろんすべてを取り組むことでより最大限にサプリの力を引き出すことができます。

皮下脂肪の燃焼効率UP!食生活改善のススメ

食事によって体重が増えたり減ったりします。つまり食生活を改善することで脂肪の燃焼を助けることも可能です。
サプリの服用と一緒に食生活を改善することで、より脂肪燃焼効果を実感できるでしょう。

■脂肪燃焼に効果があると言われている栄養素

  • ビタミンB(卵、レバー、豚肉など)
  • ビタミンE(卵、アーモンド、かぼちゃなど)
  • タンパク質(鶏肉、青魚、チーズなど)

ビタミンBには脂肪を燃焼させる働きや、糖質の代謝を促す働き、ビタミンEには血流を改善し代謝を良くする働きや美肌効果があります。
つまり、これらの栄養素を含む食品を食べることで脂肪の燃焼を助け、きれいに痩せることができます。

あと、ダイエットに欠かせない栄養素が「タンパク質」です。筋肉が多いほど身体代謝が良くなり脂肪が燃焼されます。その筋肉を作る栄養素がタンパク質です。

タンパク質を多く含む食品はお肉やお魚などダイエットされている方は避けがちな食品です。しかしタンパク質をしっかり摂取し、筋肉量を増やすことで脂肪が燃焼しやすい身体になりリバウンドもしにくくなります。

意外と重要!毎日3食生活

食生活を改善する上で重要なのが毎日3食きっちり食べることです。
食事を減らすことで確かに体重は減るかもしれませんが、実際には筋肉が落ちているだけということが多いんです。筋肉が落ちてしまうとリバウンドしやすい身体になってしまうので注意が必要です。

特に朝食は身体を目覚めさせ、代謝を上げる効果があるのでしっかりとったほうが良いでしょう。

皮下脂肪の燃焼効率UP!軽い運動のススメ

脂肪燃焼効率を上げるには運動も併用することをオススメします。
運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。一般的に有酸素運動のほうがダイエットには効果的と言われています。

しかし、有酸素運動といえばウォーキングや水泳など、なかなか続けられないと思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、簡単に続けられるオススメの運動を紹介します。

踏み台昇降

踏み台を使って昇り降りを繰り返す運動です。家の中でできるので気軽に始めることができます。15分ほど続けると効果的なので、テレビを見ながら、好きな音楽を聴きながらなど楽しんで行うと良いかもしれませんね。
専用のステッパーもありますが、自宅の階段や段差でも行うことができます。

エア縄跳び

縄を使わずに縄跳びをしているように腕をまわしながら跳ぶ運動です。道具が必要ないのですぐに始めることができます。簡単に行える運動ですが、とても脂肪燃焼効果が高くオススメです。10~30分ほど行うと効果的なので、1回3分を3セットなど続けやすい方法で行うと良いでしょう。

もも上げ

ももを上げるだけの簡単な運動です。簡単だけど脂肪燃焼効果はバッチリ。背筋を伸ばして立ち、腕を前後に振りながら足踏みします。コツはももが床と平行になるくらい高く上げること、100~200回くらいを目安に行うことです。
この運動も自宅でテレビを見ながらでも行えるので楽しんで続けることができます。

運動は1日、2日続けたくらいでは効果はでません。体調に合わせて最低でも週4日は行うなど継続するようにしましょう。